So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

マイレーブでの上手な設計の進め方 [設計]

なぜ三井ホームにしたかというコラムで、
デザインが良かったから、と書いたが、
じゃぁどこのモデルルームが気に入ったか
というと、守谷(茨城県)だ。
ここは自宅から県も違うくらい離れているんだけど、
最初に自宅のそばのモデルルームへ行ったとき
守谷のモデルルームの写真が飾ってあって、
ものすごーーーーくその外観が気に入ってしまい、
すわ、見に行かねば!と行ったが最後、その時点で
ほぼほぼ三井に心は傾いていた。

で、最初に自宅のそばのモデルルームで既に営業担当が
ついたので、彼に
「守谷のモデルルームみたいなのがいい」
と伝え、フリー設計で最初は見積もりをお願いした。
と、いうか、その時点では三井の商品構成がいまいち
良く分かっていなかったので、フリー設計(注文住宅)と
マイレーブ(企画設計)の2種類があるとは知らなかったのが
正直なところ。

ともあれ、営業さんが早速連れて来てくれたのは、
まさしく守谷のモデルルームを担当した本人のO先生。
この営業のS川さんは、我が家のこうるさい色んな要望を
一つ一つ拾い上げる能力に長けていて明確に設計のO先生へ
伝えてくれ、またO先生は先生で、絵心溢れた素敵な間取りを
提案してくれた。
結局、概算の見積もりを出す前までに3回くらい図面を
書き直してもらった。
それではじき出された価格が予想以上に高かったため、
営業のS川さんがマイレーブを提案して来て、
最終的に予算内に収めた訳だ。

マイレーブに方向転換した後も、契約前にO先生にマイレーブの
パターンの中から選んでもらい、フリーと似たような間取りと
外観に変更した図面を作成してもらった。
でもその案が気に入らず、結局は私が自分で選んでアレンジした
間取りを基本とする事にした。
それから、その提案した間取りを基に、O先生がさらに玄関部分
などを多少アレンジして、再度図面にしてくれた。

ここまでが、全て、契約前までの作業だった。
もちろん、料金は一切かかっていない。
この時点でも、実はまだセキスイハウスと競合していたりして、
結構価格を下げさせようと頑張っていた。
だから、もしあの時セキスイを選んでいたら、ここまでの三井の
努力はパーになる訳だが、それははっきり、
一切お金はかかりません
とS川営業マンは明言してくれてたので、非常に楽しく
進める事が出来た。
逆にセキスイも3回くらい図面を書き直してもらったが、
こちらはずっと営業担当者が図面を作成していた。
契約後に社員の設計士が実施設計する、と言っていた。
セキスイはなぜか、最初から企画設計を薦めて来たので
それで設計士が出てこなかったのか、もし注文住宅から
始めていたら、設計士が出て来たのだろうか分からない。
また、三井の場合も最初からマイレーブで始めていたら、
O先生が担当するということはなかったのだろうか?
そこは不明だが、やはり契約前に設計士が出てくるのと
来ないのとでは、契約する、しないに大きく影響してくる
と思う。

どんなに必死に考えたつもりでも、実際建ててみると
必ず1、2箇所は「ああすれば良かった」と
思う所が出てくる。
それが「家を建てる」という事の当たり前だと私は思う。
でもそういう面を包括しての、住み心地の良い我が家と
なるべきものを、例え契約前のたたき台だとしても、
専門家以外の人間が考えだした間取りで、
果たして納得できるだろうか?

だから結論として私は、
もし、三井ホームで家を建てたいと思うのなら、
それが本当はマイレーブ狙いだとしても、
最初はそんなことをおくびにも出さず、
まずはフリー設計から話を進める事をお薦めする。
話の初めっから設計士を引っ張りだしてくるのだ。
マイレーブでも最初からもしかしたら設計士が出て
くるかもしれない。
それでも私は一度はフリーで設計してもらう事を
強く勧める。
そしてそのフリー設計の時点ではありとあらゆる
要望を伝えて詰め込んだ設計をしてもらうのだ。
まずはそのままで概算を出してもらい、予算が
合えばそれをそのまま建てれば良いのだ。
もし、どうしても予算オーバーだった時の手段
として、マイレーブという選択肢を選べば良いのだ。
そして、
100パターンの中には、必ずフリーと似たような
ものがある。
もし無くても、壁を増やたり、減らしたりすれば
必ずフリーと同じような内容の物が造れる。
間取りだって、階段の位置をずらす事も
お風呂の位置を1階から2階へ移動する事も
可能だ。そうやって必死に考えた結果、
我が家はフリーとほぼ同じ外観と、フリーとは
違うが、企画設計とは全く似ても似つかない、
オリジナルで納得のいく間取りになった。
納得ができたのは、最初にありとあらゆる要望を 詰め込んでできたフリー設計があったお陰だ。
それで1000万は安くなったのだ。
これがマイレーブでの上手な設計の進め方だと思う。

初めから企画設計ありきじゃ、建て売りと変わらない。
私はそう思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

蛍光灯が嫌い [ちょっとひとりごと]

余談だが、モデルハウスってほとんどの場合、
白熱灯か電球色の蛍光灯を使っている。
だからモデルハウス巡りをしていた時は、どの家でも
非常にくつろいだ気持ちになった。
前の家は、トイレと浴室、廊下以外はすべて蛍光灯で、
でも30年前はそれがスタンダードだったんだと思う。
今回立て直すにあたり、真逆にした。
階段下の物置と家事室の手元灯以外は
全部、白熱灯もしくは蛍光灯の電球色にした。
大正解だと思う。

とにかく、寛げる。
それから、光が蛍光灯より拡散しないので
空間に陰影ができ、部屋が昼間よりグレードアップ
して見える(笑)
その延長で、間接照明という贅沢な演出ができる。
吹き抜けがあれば、そこをより一層強調したり、
カウンターキッチンの上にダウンライトを
つけて演出したり、などなど。
必要で付けた日常の動線上の照明、例えば階段も、照明一つで非日常的な、お店にいるような
空間にかえる事ができる。
照明ってすごい。

全部白熱灯にしてしまうと電気代も管球代もバカに
ならないから、うまく蛍光灯とバランスをとって、
併用していくと、空間がとても落ち着いて、ちょっと大袈裟な
言い方をすれば、あたかもホテルのような部屋で
毎日過ごす事ができる。
それってすごい、贅沢。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

施主支給で大変だった事 [竣工前]

結論から言うと、ほとんど大変な事はなかった・・・。
おしらくそれは頼んだ業者が2社しかなかったからかもしれない。
1社は前の記事にも書いた、照明、洗面、トイレタリー
3種類、62個の商品を発注。
もう1社はネットで自分の部屋用のシーリングとブラケット2個で
計3個を発注。
で、現場への搬入時期のタイミングさえ間違わなければ
全然なんの苦労もなかった。
施主支給で一番嫌なのは、商品が壊れていた、などの場合。
だから、三井ホームの現場監督と、下請けの監督と施主の
3者が現場で立ち会い、検品をした。

もう1社のネットで購入した方は通販なので一度私自身が
仮住まいで受け取り開梱し、検品する必要があった。
キチラーの照明器具だったのだが残念な事にシーリング照明が
破損していた。
業者の対応はとても良くて迅速だったので、安心だった。
ただ、アメリカから輸入するので時間がかかり、工事までに
間に合うかどうか、相当心配したのだが、間に合わなかったら
こちらで無料で施工します、とまで言ってくれたので、感じは
良かった。
ちなみにこんな照明器具。壊れていたのはこっちの方。
上の3本ある脚の1本が折れていた。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

施主支給 [設計]

マイレーヴといえども、その標準規格ではどうしても気に入らないものがある。
我が家の場合は、一番が洗面台とキッチンだった。
母が気に入っていたのはYAMAHAかSUNWAVEのキッチン。
私はマイレーヴの洗面台が三面鏡収納タイプがなく、また、安っぽい面材しか
ないのが気に入らなかった。
なのでその二つを交渉したのだが、どうしてもキッチンはだめだった。
が、洗面台はOKとなったので、早速見積もり入手を開始した。
見積もりを依頼した先は、ネットで探した所と、職場でお世話してあげた所の二つ。

まずは普通にショールームへ図面持参で行き、気に入った洗面台を見つけたら、
係の人に図面を見せて、ちゃんと納まるかどうか確認をしてもらい、型番の入った
見積もりをもらう。これが一番最初にすること。
それをもとに、施主支給販売する会社へ見積もり依頼する。

結局、お世話してあげた会社に何度も何度も交渉し、洗面台、トイレの収納ユニット
紙巻き器、トイレと洗面台のタオル掛け、そして照明器具を全部まとめて頼む事にした。
洗面台(INAX)は44%、トイレユニット等(TOTO)は50%、照明器具は
小泉55%引き、遠藤(ABITA)39%引き、遠藤50%引き、オーデリック50%引き、
マックスレイ47%引きとなった。

うーん、小泉はもっと引いてもらえると思ったのだが、遠藤が安いから、ま、いっか。
ということで、決まった。
照明器具は、本当に安くあがった、と思う。なぜなら三井ホームで普通に頼んでいたら、
洗面台とトイレユニットを合わせた値段が照明器具(施工費も含む)の値段だったので。

ただ、やっぱり面倒くさいけどね。その浮いたお金が今度はカーテン代や家具代へ消えて
いくのであった。。。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ウィリアムモリス [設計]

内装を打ち合わせていて、自分の部屋を決める際、
どうしても目に焼きついて離れなくなり
結局、一大決心して決めたモリスの壁紙
すっかりみんな気に入り、リビングカーテン
モリスになった。
1階はエコフィニッシュ。
これはブルノーズという、壁のエッジをすべて
面取りして丸く仕上げるのが気に入ったから。
犬の部屋の天井は青空柄。
あとほとんど壁紙は柄物とボーダーばかりで
気がつくと無地の壁紙がほとんどなかった。
クローゼットや納戸ぐらい。

壁紙一つ決めるのにも1ヶ月くらいかかった。
その後、照明器具やカーテン、家具も選んで行くのである。
そうそう、キッチンのバックキャビネットもバスの種類も
選ばなくてはならなかった。
あ、それからトイレ

外観も、屋根の瓦から外壁、破風の色まで決めていく。
企画住宅とはいえ、いやー、本当に事細かに打ち合わせて
行かなくてはならない。

大変だー。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の5件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。